HARETOKEとは
 

HARETOKEは、芸術を使ったコミュニケーションの発明・提案をする福祉支援事業です。

自分自身が感じていることを言葉だけに留まらない芸術表現として発信する支援活動や、安全な居場所がない人たちが過ごせる場所をつくるために生まれました。

自分だけの特別な感性をアトリエでつくり出す、そんなプロジェクトです。

 

自己表現の練習や、こどもと社会(大人)を繋ぐ非言語コミュニケーションの提案・孤立を防ぐ見守り現場の役割をする「つくるの教室」という創作教室も運営しています。

​つくるの教室

https://www.kyoto-kaiga.com/



HARETOKEの思いにご協力いただける方へ
 

HARETOKEはまだ生まれたばかりの小さなプロジェクトですが、人が快適に生活していくために必要な活動だと信じています。

今後はさらに支援体制を整え運営を継続していくことで、必要な人の心に寄り添っていきたいと考えています。利用者の中には経済的困窮を抱える方もいらっしゃいます。行政や民間の支援活動と連携をとり、必要なときに利用者のバックアップができる体制を整えていきます。

ご賛同いただけますと継続の励みになります。ご興味がありましたらご連絡ください。

 

▼お申し出の例

・福祉や芸術などの支援で連携できる方(団体・法人)

・HARETOKE運営に寄付金のご協力をいただける方(個人・団体・法人)


京都福祉支援事業HARETOKE
haretoke.kyoto@gmail.com(担当 : 清水)